ジャガイモの味わいが美味しい

先日、ジャガイモをたっぷり使ったグラタンを作ったのです。
作り方はレシピ本に従ってそのまま作ったような感じです。
成分無調整の牛乳を使ってコクたっぷりのグラタンに仕上げたので、その味わいは感動するものでしか。
そして、その時に使っていたジャガイモが美味く甘みが出ているというか、全く違う芋のように思えてきたのです。
ジャガイモについて色々調べていると、調理するときの熱のかけ具合によって甘みが変化するのだそうです。
私が調理したときには一度にグラタンとして調理したのでは無く、カットして熱処理をして火を通してからグラタンにしたため、甘い成分が出てきたのだと思うのです。
このようなちょっとした調理の手間を惜しまずに美味しくなるように作れば、味も変わってくるという事が分かってきました。
ただ、レシピ本に乗っていったチーズが手元に無かったため、普通のスライスチーズを使ったのですが、次回は何種類かのチーズをブレンドして作ってみようと思っています。

カテゴリー グルメ

コメント

コメントを受け付けておりません。